本物のモスコミュール

本物のモスコミュール

本物のモスコミュールをぜひ!

モスコミュールが誕生したのは1946年のL.A.。「コックンブル」という店のジャックモーガン氏がビムスカップというカクテルのためにジンジャービアを仕入れたのですが、このカクテル、さっぱり売れず、大量のジンジャービアが売れ残ってしまいました。そこで彼はジンジャービアを使ってウォッカベースのキックのあるカクテルを作り出したのです。

(ウォッカ = モスクワ) + (ラバはキック癖がある = ラバの別名はミュール) = Moscow Mule

そのモスコミュールに目を付けたのが彼の女友達。勤めていた会社でやはり売れ残っていた銅製マグでモスコミュールを作るように薦めたのです。熱伝導が抜群にいい銅製のマグカップ。注いだ冷たさが15分経過しても変わらない。口当たりも冷ややかでおいしく、モスコミュールは大人気カクテルとなりました。

そこにまた目を付けたのは当時アメリカのウォッカ市場で出遅れていたスミノフの営業担当者、ジャックマーチン氏。ジャックモーガン氏に許可をもらい、モスコミュールにスミノフを使って大々的にPRキャンペーンを行ったのです。そして今では誰もが知る有名なカクテルとなったわけです。

現在日本では一般的にモスコミュールはジンジャービアではなくジンジャービールで作られることが多く、ほんのり甘めの飲みやすいものが知られています。ですが、本来はラバのキックのようにガツンとくるカクテルなわけです。

銅製マグにカットしたライム。スミノフウォッカをベースに自家製のジンジャービアを注ぎます。

キンキンに冷えたモスコミュール。
おいしいカクテルです。本物のモスコミュール。