日本と地中海のタコ料理
×
自家製ジンジャービアのカクテルとルーマニア産ワイン

山口県瀬戸内産のタコ、そのスペックを余すことなく活かした料理。

アヒージョ(スペイン)・赤ワイン煮(ギリシャ)・たこめし(日本)・天ぷら(日本)などの定番はもちろん、個性豊かな創作料理の数々、またタコの白子や自家製レバーペーストといった超絶レアなものまで揃えた結構アブノーマルな店ですが味は保証します。

「タコの味...知ってますか?」実はそう聞かれて答えられる人はかなり少ない。BROGLDで見つけてください。


ジンジャエール?いやいやジンジャービア!

英国発祥でジンジャエールのルーツ。ジンジャエールは生姜の絞り汁に炭酸水を混ぜたものですが、ジンジャービアは醗酵飲料。炭酸も醗酵により発生したものです。"ビア" と呼ばれるのも醗酵工程があるからです。当店自家製の "綾烏(あやのからす)ジンジャービア" は高知県産の生姜を店内で醗酵させた本格的な逸品。実はカクテルに使用するのも本来はジ ンジャービアなのです。綾烏ジンジャービアを使ったモスコミュールやシャンディ・ガフは、多くのお客様の認識を変えてきました。貴方も是非試してみてください。

また、ワイン好きの方にはルーマニア土着品種のワインがお待ちしています。リピータが多く気持ちよく飲めるコスパに優れた素晴らしいワインです。

王道とオリジナルの融合

山口県の瀬戸内・上関のタコは味が濃く筋肉質なのに程好く柔らかいからどんな料理にも使える。『赤ワイン煮(ギリシャ)』、『アヒージョ(スペイン)』、『カルパッチョ(イタリア)』、『エスカルゴ風(フランス)』といった地中海諸国の料理や和の代表『たこめし』、『天ぷら』、『たこ味焼』などこれら定番メニューに加え、タコの肝が材料の自家製レバーペーストを使った『レペチッリ(焼チーズリゾット)』、ジャガイモとコラボした『タコ男爵ケェソ』といったオリジナリティに富んだメニューが多数あります。また『白子』、タコの胃袋やエラなどのホルモンを酢味噌であえた『茹でモツ』のような他ではまず味わえない超レアな料理が自慢です。

個性的すぎ...なのに本格的!!

先ずおすすめは『モスコミュール』。飲まないと損です。元・現役を含め10人以上のバーテンダーさんが「これ以上のモスコミュールを知らない...。」とのこと。フルーティーなのにガツンとくる飲み応えは...変な言い方ですが "大人のモスコミュール" 。その秘密は『自家製ジンジャービア』。ジンジャエールのルーツでイギリス発祥の醗酵飲料です。また、そのジンジャービアをつかった『ヘネシージンジャー』も他では飲めません。他に庶民派ワイン通(?)にも大好評のルーマニア産ワインに酒好きが唸る純米酒。酒も普通じゃありません。